ART


Glory island okinawaでは、
ロゴマークや絵画、ウォールアートの製作・デザインを
おきなわ出身の県内で活動するアーティスト達に
協力していただいております。

おきなわの魂が宿る作品に触れて、
おきなわの魅力を体感ください。

フロントでは、ロゴマークや作品を基に製作した
オフィシャルグッズもご用意しております。


[ロゴマーク]
沖縄を感じさせるモチーフである事、絵のようなロゴにする事を意識して制作しました。
バックの珊瑚はハート型になるように配置。
沖縄の暑い日差し、美しい青い海をイメージさせる配色です。
サンゴ、シーサー、ブーゲンビリア、オオゴマダラ、クロアゲハを
カラフルに配置し、沖縄のパワーを感じられるデザインです。



[森の夜]
青い空、青い海、というイメージが強い沖縄ですが、
私は沖縄の動植物の生々しい生命力も魅力だと感じています。少し怪しい…満月の夜の森の中に、
コウモリ、ハブ、ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコ、オオゴマダラ、キジムナーが静かに生きています。
現実と非現実が混ざった世界ですが、沖縄にはそのような神秘性もあると感じています。


[海へ]
穏やかで美しい海で暮らす生き物たち。
楽園のようですが、タコが怪しげに潜んでいたり、ハブクラゲがいたり、
空想的な部分と現実的な部分を同居させた世界観を描きました。
また、30年間沖縄で生活していますが未だに海を見ると、
深い青の色、力強い波の音や形に感動してしまいます。
その美しさがいつまでも変わらず、人々の生活と共にありますように、
そして県外から訪れた方々にも沖縄の自然を深く感じていただけますように。

ロゴマーク、館内絵画デザイン:nami
1990年生まれ、豊見城市在住。
幼少期から絵を描く事が好きだったが、就職を機に一度描く事を諦めかける。
2017年頃から現在の花と人物をモチーフとして描き始めた事をキッカケに、
アーティストを目指す事を決意。
自身の中に広がる、言葉にできない感覚、思考、風景等を、
気持ちのいいと感じる色や線で表現したいと考える。




ウォールアートデザイン:SAKU
2001年から壁画をメインにアート活動を開始。

ウォールアートデザイン:DENPA
「答えを求めない造形美」を目指し、手が無意識に導き、
目で感じる抽象表現を突き詰める。
NYでの個展、avex本社への幅10mの壁画制作、世界的ミューラルフェス
POW!WOW!HAWAIIへの出演など、幅広い活動を展開する。



   

© 2020 Glory island okinawa® All Rights Reserved.